日焼け後の赤いかゆみケア、紫外線対策

スポンサーリンク



日焼け

紫外線を浴びることでメラニン色素が作られ続けるので真

っ赤になり目が充血する人もいますが、肌のリズムが乱れ

色素沈着のために皮膚は黒くなります。

 

日焼け対処
 

日に焼ける→肌が赤くなる→肌が黒くなる→皮膚が剥が

れ落ちる→新しい肌に生まれ変わる。


日焼け予防、抑える方法

紫外線対策で日傘・帽子・サングラス・UVカットの長

袖着用で黒の服を着たり塗る日焼け止めや飲む日

焼け止めのヘリオケアと併用して植物からの成分でお

肌に優しく安心です。

 

紫外線は直射だけでなく、壁や地面からの反射もあ

りダメージを完璧には防げないので、シミ予防には陽

射しの強い時間の外出を避け日陰を選んで歩き、と

にかく日焼け止めを塗って日焼けしないようにケアを

することで毎日の積み重ねが大事です。

 

(完全防備していたつもりでも、家の中にも日焼け

止めを塗ってケアを頑張ってください!)

 

スポンサーリンク


 

 

かなり日焼けした後、正しいケア方法

肌がダメージを受けて炎症している軽度の火傷と同

じです。日焼け後、皮膚がヒリヒリし赤い湿疹のよう

な状態や水ぶくれになります。

 

炎症はすぐに冷たいシャワーを浴び、まずはアロエのジェ

ルや氷とかで冷やすことでクールダウンしホテリを取ります。

日焼け後は、肌が乾燥していますのでローション(化粧

水、美容液)で乾燥しないようにコットンに染み込ませ

肌に染み込むように保湿をした方がよいです。

 

サンバーンといって、バリア機能も弱くなり.皮膚から水分

が抜けきって起きる症状でかゆみが出やすいので、肌を

冷やして痒み止めをぬって掻かないようにします。

 

シミは5年後、十年後に出てくるので新しい皮膚が再

生してきたら新たなに日焼けしないようにする。

80%が肌の老化は日焼けが原因ですので長年の

蓄積に注意が必要です。

 

日焼け後の角質落とし
日焼けした後の肌は、ダメージを受けて乾燥しすぎるか

ら皮がめくれて保湿することで肌が落ち着きます。

 

肌を傷めることがあるので、角質を無理に取らないよう

に肌をこすりすぎないようにして新陳代謝も活発化さ

れ色素沈着が回復します。

 

肌の色は皮下組織で新しい細胞が生まれ通常約28

日のターンオーバーで元に戻ります。


 

日焼けした肌を白くする方法
ビタミンA C E誘導体入りの美白成分が配合されたロ

ーション(化粧水、美容液)でケアをすればくすみは

ぬけやすいです。

 

グリチルレチン酸ステアリルは日焼けでメラニンの生成を

抑えチロシナーゼの活性を抑制し肌を整えていきます。

 

少しでも早く肌が早く生まれ変わって代謝が良くなるよ

うに肌の回復力を高めるので白くなりやすくなります。

紫外線対策し白い肌をキープしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ