一日に必要な栄養素



  • スポンサーリンク



    必要 食事 栄養補給バランス カロリーコントロール 女性

    イフスタイル。健康であるためには、ライフスタイル

    合わせたバランスの良い栄養補給が大切。

    栄養素の働き  
     
     

    健康には栄養バランスがとれた食生活が必要です。栄養素

    は食物を通してバランス良く摂取することが理想的です。


    栄養素とその働き


    健康であるためには、ライフスタイルに合わせたバラ

    ンスの良い栄養補給が大切です。

     

    健康に生活する為、さまざまな栄養素が必要です。

    栄養素には摂取する量、所要量があります。自分の

    ライフスタイルや年齢で必要な栄養素を加え、生き

    生きとした生活を目指したいものです。

    スポンサーリンク

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-2782442118092017"
    data-ad-slot="7948858355"
    data-ad-format="auto">

     
     

    自分に足りない栄養素


     ダイエット中の方

    ダイエットの正しい方法は、必要な栄養素を摂りな

    がら運動でカロリーを消費する事です。

     

    食事のを抜いたり、量を減らしたり、低カロリー食

    品だけの食事する方が多いですが、たんぱく質

    タミンミネラルなど大切な栄養素を摂取する事が

    できません。

     

    ダイエットのポイントは、脂肪分、糖分の過剰摂取

    抑え蓄積させない事です。

     

    ビタミンB群が不足すると、皮下脂肪がつきやすく

    なり、大豆、卵に含まれるレシチンも、コレステロ

    ールの排泄や中性脂肪の血中濃度を下げる作用に関

    係しています。

     

    たんぱく質不足による肌のかさつき、脱毛、骨粗し

    ょう症、貧血などお越しかねません。ダイエットは

    規則正しい食事、栄養素の不足に気をつける事が大

    切です。



    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、ビタミ

    ン、食物繊維、レシチン、ミネラル

     

    ストレスの多い方

    ストレスを感じるとホルモンの原料であるたんぱく質

    ビタミンB群カロチノイドカリウム、ナトリウム

    カルシウムが消耗されます。

     

    人がストレスを感じると体内でホルモンが分泌され、

    ストレスに対するショックを緩和する防御機能が働

    きます。このホルモンの分泌には大量のビタミンC

    ビタミンEが必要です。

     

    ストレスを多く感じる人は、抗ストレスのあるビタ

    ミンCビタミンEミネラルを多く補給する必要

    があります。

     

    ストレスによるイライラや落ち着きのなさを解消す

    るのにカルシウムが効果的です。心身のリラックス

    には、ハーブ系がおすすめです。


    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、ビタミ


    ンC,ビタミンE,カルシウム

     

    美容が気になる方

    美肌に必要な栄養素は、体を構成し、ホルモンの原料

    となるたんぱく質皮膚、粘膜の表面の表皮細胞を正

    常に保つビタミンA。肌の血行、新陳代謝を促すビタ

    ミンE

     

    ビタミンCはシミやソバカスを抑え、肌の弾力とハリ

    を保つコラーゲンの生成を促します。美しい髪に必要

    なのは、髪の主成分であるたんぱく質、たんぱく質を

    毛母細胞まで押し上げる血流を促進するビタミンE

    す。

     

    若白髪が気になる方は、ビタミンAベータカロチン

    の摂取に気を配りましょう。

     

    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、ビタミン

    B群、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、レシチン、

    ベータカロチン

     

    食生活が不規則な方

    外食中心、インスタント食品、加工食品など多い人は

    要注意。特に揚げ物や炒め物が多く,丼物や麺類など

    中心の外食では、まんべんなく栄養を摂取する事がで

    きません。

     

    動物性たんぱく質や動物性脂肪が過剰になり、ビタミ

    ミネラルが不足するアンバラランスの状態を引き

    お越しかねません。

     

    朝食を抜くと栄養のバランスが崩れるだけでなく、体

    のリズムが狂い、栄養の吸収効果を下げてしまい、脳

    や体目覚めさせるに不可欠です。朝食をしっかり食べ

    る習慣を身につけましょう。



    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、ビタミン

    B群、ビタミンC、ベータカロチン、ミネラル

     

    野菜不足な方

    野菜の消費量は1975年を100%とすると、19

    96年には94.7%まで低下しています。野菜の栄養

    価の低下も見逃せません。

     

    ほうれん草に含まれるビタミンCは、1950年に

    べ1982年は43%まで低下。品質や栽培方法しさ

    らに野菜栄養価は、流通過程や調理方法でも失われま

    す。

     

    1日にどのくらいの野菜が必要でしょうか。緑黄色野

    菜100g、淡色野菜200g、芋類100gを含め

    て400gが目標摂取量です。

     

    調理に一工夫を加えて、上手に野菜を摂取するように

    心がけましょう。

     

    たくさん摂取したい栄養素  ビタミンC、ビタミン

    E、ベータカロチン

     

    妊娠・授乳期の方

    赤ちゃんの骨格を形成するカルシウムが不足すると、

    母体の骨、歯からカルシウムが奪われてしまいます。

     

    マグネシウム不足、リンの過剰摂取はカルシウム

    利用を妨げてしまいます。ビタミンDカルシウム

    の吸収に欠かせない栄養素。ビタミンD生成に不可

    欠な日光浴も大切です。

     

    妊娠後期には、非妊娠時の2倍近くの鉄分が必要で

    鉄分の吸収率を高めるたんぱく質、ビタミンCも欠

    かせません。



    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、カルシ

    ウム、鉄分、食物繊維、パントテン酸、葉酸

     

    スポーツをする方

    スポーツする方は、炭水化物ビタミンB群をしっ

    かり摂取しましょう。運動に必要な筋肉を作るには

    たんぱく質が不可欠です。

     

    激しい運動は一種のストレスである事をご存知です

    か。運動の前後に、抗ストレス作用のあるビタミン

    を摂取しましょう。


    発汗により失われるナトリウムカルシウムカリ


    ウムなどの補給も重要です。

     

    激しい運動を継続的に行う方は、運動時に大量に取

    り入れる酸素によって生成される、ガンや生活習慣

    病の原因になる活性酸素、フリーラジカル対策とし

    て、ビタミンC,ビタミンE、ベーテカロチンの抗

    酸化性の栄養素を欠かさないようにしたいものです。

     

    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、炭水化

    物、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE,ベー

    タカロチン、レシチン

     

    ハードワーカーの方

    お酒を飲むと、ビタミンB群ビタミンCの吸収が

    悪くなります。お酒を多く飲む人にアルコールの代

    謝に必要な酸素を助ける補酸素として体内で活躍し

    ます。

     

    お酒をのんだらビタミンCを欠かさず補給しましょ

    う。残業、休日出勤の多い方は、疲れが溜まってき

    ます。

     

    ビタミンB群がエネルギーの供給をスムーズにし、

    疲れの原因となる老廃物の代謝を促を促します。

     

    脳や体の血流をよくするいちょうの葉エキス、滋養

    強壮に効果のある朝鮮ニンジンシベリヤニンジン

    ハーブ系を積極的に取り入れれば、さらにパワフル

    な毎日が過ごせます。



    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、ビタミ

    ンB群、ビタミンC

     

    タバコを吸う方

    ビタミンCの所要量は成人で100mgですから、最

    低でも200mgのビタミンCを摂取しましょう。

     

    喫煙者が吸い込む煙に対して周辺者が吸い込む煙は、

    2.8倍のニコチン量と3.4倍のタールを含有とする

    とされます。

     

    タバコの煙は、フリーラジカルである過酸化水素など

    の有害物質も含有しています。

     

    これらが体内に入ると防御機能が働き、ビタミンC

    ビタミンEベータカロチンなど抗酸化作用のある栄

    養素が消耗されます。喫煙者は非喫煙者の2倍のビタ

    ミンCを摂取することが望ましい。

     

    たくさん摂取したい栄養素  ビタミンC,ビタミン

    E,ベータカロチン

     

    コンピューターで仕事をする方

    同じ姿勢が続く事により肩こりや腰痛には、ビタミン

    B群ビタミンEが効果的です。ビタミンEが血行を

    促進し、ビタミンB群が疲労物質である乳酸の分解を

    促進します。

     

    網膜が疲れて眼球の粘膜の代謝が悪くなり、目の乾い

    た状態になります。その解消法は時々遠くを見て目を

    休める事です。

     

    目の粘膜をつくり、正常に働かせる作用をもつビタミ

    ンAベータカロチンを補給する事も有効です。

     

    コンピュータに没頭すると食事も忘れがちで、空腹で

    血糖値が下がると脳の機能が低下し、頭の回転が悪く

    なってしまいます。効率よく仕事をこなす為には、食

    事をきちんと食べる事が基本です。

     

    たくさん摂取したい栄養素  ビタミンB群、ビタミ

    ンE、ベータカロチン

     

    成長期のお子様

    10代前半は、たんぱく質カルシウムなどの栄養素

    が一生の中で一番必要な時期です。たんぱく質の代謝

    に関わるビタミンB群カルシウムの吸収を助ける

    タミンDなど、すべての栄養素の必要量が増加します。

     

    加工食品に添加されているリンの摂りすぎは、カルシ

    ウムの利用率を妨げる要因です。カルシウムビタミ

    不足など、精神状態にも悪影響を及ぼします。

     

    スナック菓子、ケーキ、炭酸飲料は塩分や脂肪分、糖

    分などの摂りすぎにつながります。

     

    たくさん摂取したい栄養素  たんぱく質、ビタミン

    B群、ビタミンC、カルシウム、鉄分

     

    シニアの方

    緑黄色野菜を多く摂る人は、生活習慣病の危険性が

    いと言われます。

     

    緑黄色野菜に含まれるビタミンCビタミンEベー

    タカロチンなどの抗酸化作用が体内に発生するフリー

    ラジカルや活性酸素などの危険な因子を抑えます。


    骨粗しょう症は、骨の量が減ってスカスカになる病気


    で骨折や寝らきりに至る事もあります。骨粗しょう症

    対策は、とにかくカルシウムを摂取する事です。

     

    カルシウムの吸収を助けるビタミンCビタミンD

    併せて摂るように心がけましょう。

     

    たくさん摂取したい栄養素  ビタミンB群、ビタミ

    ンC、ビタミンE、カルシウム、ベータカロチン

    スポンサーリンク



サブコンテンツ