ダイエットサプリメント



  • スポンサーリンク



    痩せる 健康食品 ダイエット カロリー コントロール サ

    プリメント。心強いサポーターになってくれるここカラ

    ダのダイエットサプリメント 人気クチコミ情報。

    サプリメント 効果  
     
     

    健康や美容の為の不足している成分を補ったり、身体の

    機能の補助をしたりするものです。

     

    サプリメント効果 上手な活用


    ガルシニア

    インドの東南部やカンボジア、タイなどの熱帯に自生

    する常緑樹の果皮の部分から抽出したエキスです。

    ダイエットに有効とされるのは、ヒドロキシクエン酸

    (HCA)というクエン酸に良く似た成分。

     

    これが脂肪合成につながる物質(アセチルCoA)の合

    を防ぎます。そのため、体内の余分な糖分が脂肪細

    胞から脂肪酸を遊離しやすくするとされます。

     

    遊離された脂肪酸は運動によってエネルギーに変わり、

    体脂肪が減少すわけです。また、ヒドロキシクエン

    酸(HCA)は体内グリコーゲンの合成量を増やし血糖

    値を維持するので食欲を抑制。そのため食前の摂取が

    有効です。

     

    カプサイシン


    唐辛子の辛味のもととなる成分です。カプサイシンを

    摂取すると、脳の中枢神経が刺激され、副腎にアドレ

    ナリンが大量に分泌され、筋肉でエネルギーが消費さ

    れます。

     

    また、体の発熱組織である褐色脂肪細胞に働きかけて、

    発熱量を高め、代謝を活発化。これによっても体内の

    エネルギーが消費されます。体脂肪を遊離させて、脂

    肪酸にする働きもあります。

     

    血中に脂肪酸が遊離している状態で、エネルギーが消

    されることにより、これらが燃焼されて体脂肪が減

    少します。

     

    カイアポ


    ブラジル原産のカイアポ芋に含まれる成分。糖尿病体

    改善薬として研究が進められてきましたが、その

    なかで減量効果が認められたものです。

     

    インスリンの効果が高まり、血糖値が安定することで

    欲が抑えられるためです。また、糖を脂肪に変わ

    りにくくする作用も、減量の効果と考えられます。

     

    カシアポリフェノール

    日本で自生する豆科植物から抽出した成分。脾臓から

    泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑えること

    で、脂肪の吸収を防ぎます。

     

    キトサン

    カニやエビなどの甲殻類の殻に含まれる繊維質のキチ

    ンに化学処理を施して、体に吸収しやすくした物質で

    す。

     

    ダイエットに役立つのは、食事で摂取した余分な脂肪

    酸を吸着して体内への吸収を妨げ、体外に排泄する作

    用です。また腸の環境を整えて、便秘を解消する作用

    もダイエットに有効と考えられます。

     

    ギムネマ

    ギムネマ・シルベスタといい、インド原産ガガイモ科

    のツル状の多年草です。インドでは古くから糖尿病の

    予防薬として利用されており、中国でもその有効性が

    昔から認められていました。

     

    ギムネマ酸は、小腸に入った糖がその表面の担体と結

    合して、糖の吸収を阻止します。糖の吸収が緩やかに

    なることでインスリンの分泌を抑制。

     

    糖を脂肪に変えて蓄積する作用を防ぐ役割を果たし脂

    肪の吸収抑制制作用があるらしいこともわかってきま

    した。小腸内での作用のほかに、舌にある甘味を感じ

    る器官を麻痺させる作用もあります。

     

    ギムネマの葉をかんでから甘いものを食べると甘さを

    感じなくなるので、甘いものの摂り過ぎを防ぐのにも

    有効かもしれません。

     

    クロム

    海草やココアに多く含まれる成分。微量元素の一つで

    、イスリンの作用効率を高めてインスリンの作用効

    率を高めてインスリンの分泌を抑制するため、血糖値

    が安定して食欲が抑えられると考えられています。

     

    筋肉へのブドウ糖の取り込みが促進され、食べたい糖

    質をエネルギーとして燃焼させるように働き、余分な

    体脂肪の貯蔵を抑えます。

     

    米胚芽抽出物

    米から抽出した成分が、分解酵素リパーゼによって脂

    肪が分解されるプロセスを阻害。脂肪がグリセロール

    という脂肪酸に変わって腸から吸収される作用を低下

    させます。

     

    余分な脂肪の蓄積を防ぎます。有用性を発揮させるに

    は、事を摂る前に飲むのが効果的です。

     

    サポニン

    ウーロン茶や緑茶に含まれる成分。脂肪分解酵素リパ

    ーゼの働きを阻害して、内臓や皮下の脂肪蓄積を防止

    する作用があるといわれ、動脈硬化の改善作用も知ら

    れています。

     

    官報薬成分「田三七人参」には、サポニンなど15種

    類ほど、の関連成分からなる、サポニン化合郡に多く

    含まれています。

     

    サラシア

    スリランカ原産のつる性植物。アルファフルコシター

    ゼという糖分分解酵素の働きを阻害して、腸から糖分

    が吸収されるのを抑えます。糖分吸収阻害効果ととも

    に、血糖値を下げる作用も確認されています。

     

    食べた糖分が体内に吸収される量を減らして肥満を防

    止。体内に入った糖分は、コロソリン酸が働いて、ブ

    ドウ糖を効率的に細胞を取り込むのを助け、血糖値を

    低く抑えます。

     

    セントジョーンズウォート

    ハーブの一種で、脳内の神経伝達物質セロトニンを増

    やす作用があり、空腹時のイライラを鎮静化し、食欲

    を抑えるといわれています。欧米では副作用のないハ

    ーブとして利用されています。

     

    バナバ

    インドネシアやフィリピンに多く生育するバナバ葉か

    ら抽出した成分。糖分吸収阻害効果とともに、血糖値

    を下げる作用も確認されています。

     

    食べた糖分が体内に吸収される量を減らして肥満を防

    止。体内に入った糖分は、コロソリン酸が働いて、ブ

    ドウ糖を効果的に細胞に取り込むのを助け、血糖値を

    低く抑えます。

     

    ヒスチジン

    アミノ酸の一種で、カツオやイワシなどの青背魚に多

    く含まれる成分。脳内でヒスタミンとなり、満腹中枢

    を刺激し、食欲を抑制すると注目されています。

     

    L-カルニチン

    アミノ酸の一種で、人体でも合成され、牛肉、羊肉な

    ど動物性食品に多く含まれています。体脂肪のミトコ

    ンドリアムに運び込んで燃焼させ、エネルギーに変え

    るのを助ける働きをします。

     

    コレステロールの増加を抑える作用も確認されていま

    す。運動によって効果アップします。

    スポンサーリンク

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-2782442118092017"
    data-ad-slot="7948858355"
    data-ad-format="auto">

     

    サプリメント効能 役割


    食欲を制御するもの、脂肪吸収を阻害するものなど、

    自分に合ったサプリメントを選べば、ダイエットに

    みがつき、意欲が高まります。

     

    手軽に利用でき、心強いサポーターになってくれる

    ので必ず食事や運動と組み合わせて利用することに

    留め意したいものです。

    スポンサーリンク



サブコンテンツ