抗酸化作用のある食べ物



  • スポンサーリンク



    私たちの健康にとても重要な影響を与えている 活性 酸

    素 抗酸化 食品 サプリメント摂取。体の中を錆付かせな

    いように抗酸化力・免疫力アップ 成果に目が離せない

    待の栄養成分。

    抗酸化食品  
     
     

    ファイトケミカルスが注目されるようになったのは、そ

    の強い抗酸化作用で活性酸素の攻撃から細胞を守ります。


    ファイトケミカルスは植物性化学物質と呼ばれ、野菜や

    果物の色素や匂い、苦み、辛みなどに含まれる成分です

     

    抗酸化作用とは


    ファイトケミカルス

    植物内では香り色などの成分として力を発揮していま

    す。しかし、一度これが体内に入ると、抗酸化作用を

    はじめとするさまざまな有効作用をもたらしてくれる

    のです。

     

    それらのなかには、生活習慣病など、現代人が抱える

    悩みを解決してくれるのです。それらのなかには、生

    活習慣病など、現代人が抱える悩みを解決してくれる

    ものも少なくありません。

     

    いつまでも、若々しく過ごすために、ぜひとも、ファ

    イトケミカルを上手に取り入れたいものです。
     
     

    スポンサーリンク

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-2782442118092017"
    data-ad-slot="7948858355"
    data-ad-format="auto">

    活性酸素をやっつける抗酸化力のある成分

    カロチノイド

    ベータカロチンやリコピンなどが代表的な抗酸化物質

    で老化防止の働きをします。一部はビタミンAとして

    働くが、全体的には抗酸化作用があります。にんじん、

    パセリ、ブロッコリー、ほうれん草、トマトなどの緑

    黄色野菜や柑橘系ッフルーツなどに多く含まれます。

     

    カテキン

    植物に含まれる苦み成分で、ポリフェノールの一種で

    す。緑茶には、抗酸化作用のあるビタミンCも含まれ

    ています。強い抗菌作用で食中毒菌を撃退、O-15

    7の解毒作用があうことでも知られています。せん茶

    、玉露、抹茶、番茶などに多く含まれています。

     

    イソフラボン

    女性ホルモンの一つ、エストロゲンと類似する作用が

    あることから、更年期の自律神経失調症や骨粗しょう

    症の防止に効果があると言われています。

     

    高い抗酸化作用やコレステロール値を下げることでし

    られています。大豆やみそ、しょうゆなどの大豆加工

    食品に多く含まれています。

     

    モノテルペン

    抗酸化作用を持ち、体内でコレステロールの生成を抑

    制します。キャベツ、パセリ、にんじん、バジル、ブ

    ロッコリー、ミント、トマト、胡椒、なすに多く含ま

    れます。

     

    ポリフェノール

    植物性食品に広く含まれる赤や紫、白色の成分で、渋

    みの成分でもあります。お茶の成分であるカテキンや

    タンニンもこの仲間です。フランス人は肉や乳製品を

    多く摂るものの、心臓病脳卒中による死亡率が低い。

     

    その理由は赤ワイン、という研究結果から赤ワインが

    注目されましたが、野菜、果物、カカオ豆、緑茶にも

    多く含まれます。

     

    サポニン

    過酸化脂質の増加を防ぎ、高脂血症の予防、高血圧、

    動脈硬化の改善に効果があります。大豆や高野豆腐な

    どの大豆加工食品、小豆など豆類に含まれている成分

    です。

     

     テルペン

    血管内のコレステロールを除去したり、固まった血液

    を溶かすための効果があるのではないかと考えられて

    います。さくらんぼやレモンなどの柑橘系フルーツに

    も含まれ、有害物質を破壊する酵素の生成を促します。 

     

    ルテイン

    ゼアキサンチンとともに眼の網膜の構成要素の一つで

    す。とうもろこしや卵黄、かぼちゃ、ほうれん草、ブ

    ロッコリーなどに含まれるカロチノイドの一種で、ベ

    ータカロチン同様に抗酸化作用があります。

     

    ゼアキサンチン

    広く天然界に分布しているカロチノイドで、黄色とう

    もろこしの色素として発見されました。ゼアキサンチ

    ンは、ルテインが人間の体内で変換することによって

    も生きじます。

     

    黄色とうもろこし以外にも、オクラやオランダカラシ

    (クレソン)、チコリの葉などに含まれています。

     

    ダイエタリーファイバー

    食物に含まれる消化されない高分子の成分です。

    果物などに多く含まれるペクチンや海藻に含まれるア

    ギン酸などが水溶性です。

     

    かぼちゃやりんご、いちご、じゃが芋に多く含まれる

    クチンは、胆汁と結びついて脂肪の吸収を遅らせ、

    コレステロール値を下げる効果があります。

    スポンサーリンク



サブコンテンツ