食べ物の消化吸収



  • スポンサーリンク



    食卓を彩る美味しい旬の食材有機野菜魚介類 肉類 食品

    栄養素、自然とともに生きる自然の力で健康を支えるい

    かに理想の食生活

    食物繊維の多い食品  
     
     

    健全な体を保つためにはバランスよく、かつ効率的に摂

    取する必要があります。たんぱく質、脂質、炭水化物が

    おもに体を作り、動かすためのエネルギー源になる重要

    な栄養素です。


    栄養、消化吸収、身体


    消化・吸収のメカニズムから健康のポイントを探る

     

    消化の第1歩は、唾液による作用です。唾液中のプチ

    リンという酵素が、デンプンをデキストリンや麦芽糖

    に分解します。

     

    口でよく咀嚼された食物の蠕動運動によって胃に送ら

    れます。胃液に含まれる酵素でたんぱ白質をペプトンに

    変化します。

     

    食物は、十二指腸でたん胆汁や膵液と混ざりながら小

    腸に送られる。

     

    小腸では膵液に含まれる消化酵素がデキストリンのほ

    とんどを麦芽糖、ブドウ糖に分解し、ペプトンをアミノ

    酸やオリゴペプチドに変化させます。腸管粘膜細胞を通

    って血液中に入り、肝臓へと送られるのです。ビタミン

    AやビタミンB12,ミネラルも同様に腸管粘膜細胞から吸

    収され、肝臓に運ばれます。

     

    肝臓に送られたアミノ酸は、各組織の必要に応じて送

    られ、その組織でたん白質に変化します。ブドウ糖は、

    肝臓グリコーゲンとして肝臓で貯蔵され、必要に応じて

    エネルギーとして使用されます。

     

    脂質は小腸内で膵液に含まれる消化酵素、リパーゼに

    よってグリセリンと脂肪酸に分解され、リンパ菅から血

    菅を通って全身に送られます。ビタミンEもリンパ管に

    吸収され、血を通って肝臓に貯蔵されます。

     

    全身に回ったグリセリンや脂肪酸は、中性脂肪として

    脂肪細胞に貯蔵され、エネルギー不足のときに再分解さ

    れて使われます。

    スポンサーリンク

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-2782442118092017"
    data-ad-slot="7948858355"
    data-ad-format="auto">

     
     

    消化吸収、食事仕組み


    人間の体はうまくできていて、摂取した食物を必要な栄

    素に分解・吸収して、必要とするところまで運んでい

    きます。

     

    健康な体をつくるための栄養素を知る第一歩は、食べ

    行方を知ることです。

     

    私たちの体は実に賢く、余分な脂肪を貯蔵しておく機能

    持っています。体脂肪で、貯蔵量が増えすぎると肥満

    になります。食物繊維は大腸まで送られ、腸の中をきれ

    いにする役割を果たします。

     
    食物繊維、便秘効果
    食物に含まれる食物に含まれる消化されない高分子の成

    です。果物などに含まれるペクチンや海藻に含まれる

    アルギン酸などが水溶性で、セルロースやヘミセルロー

    ス、リグニンやペクチンの一部などは不溶性です。

     

    セルロースはキャベツブロッコリーピーマンりん

    などに多く含まれており、大腸の機能を円滑にします。

     

    かぼちゃりんごいちごじゃが芋に多く含まれるペ

    チンは、胆汁と結びついて脂肪の吸収を遅らせ、コレ

    ステロール値を下げる効果があります。

     

    リグニンは主になすえんどう豆などに含まれてお

    り、食物が消化菅を通過を早目ます。他の食物繊維は消

    化しにくくしたり、コレステロール値を下げる効果もあ

    ります。

    スポンサーリンク



サブコンテンツ