低体温を改善する方法



  • スポンサーリンク



    からだの冷えお困りの方に足元から 冷え性 改善 解消 入浴

    効果。低体温になりやすいのは、運動不足やストレスに

    よる血行不良、食事や入浴法など変化が大きな要因。

    低体温症  
     
     

    低体温は体の内部の全体的な冷えのため自覚しにくいもの

    す。低体温の改善に一番のポイントは運動で筋肉を増や

    す事で低体温の体質改善。


    低体温症 原因


    平熱35度台の人は要注意!

     

    平熱36.5度未満というのはりっぱな“低体温”だっ

    て知ってましたか?これは生活習慣病や高血圧、さら

    にはガンまでも招く、実は、きはめて危険な状態なん

    です。

     

    個人差があるものとはいえ、最近は平熱が35度台前

    など“低体温”の人が、女性を中心に、日本人に増加

    していると言われています。

     

    日本人の死因のトップはガンで、30年前は31万人

    でしたが、現在は31万人と激増しています。その原

    因は、日本人に低体温の人が増えていることにあるの

    ではないかと思われます。

     

    体温の低下は人間の免疫力に影響するため、低体温は

    万病のもとでもあると言われます。体温の低下は免疫

    力の低下に直結します。“体を温める”ことで予防、改

    善することができると考えられます。

    スポンサーリンク

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-2782442118092017"
    data-ad-slot="7948858355"
    data-ad-format="auto">

     
     

    体を温める方法 運動


    低体温になりやすいのは、運動不足やストレスによる血

    行不良、食事や入浴法などの変化が大きな要因

     

    全身の筋肉の7割が下半身にあるため、なかでも下半身

    を鍛えることがポイントです。理想は、1日1万歩です

    が、無理をせずにスクワットで30回を目指して、10

    回を3セットで筋力がついたら少しづつセット数を増や

    して補えばいいと思います。

     

    運動不足とストレス解消をかねて、ウォーキングなど適

    度な運動も心がけましょう。運動不足とストレス解消を

    かねて、ウォーキングなど適度な運動も心がけましょう。

    ヨガなどにも股間接のストレッチが多く取り入れられて

    います。

     

    低体温症は、エクササイズやストレッチなど、適度な運

    動を日々の生活に取り入れることである程度改善されま

    す。

     

    運動を行うことで、手足が温まって、寒さや冷えでなか

    なか寝付けないということが解消できます。掌の褐色脂

    肪細胞の、血流が良くなり、全身に暖かい血液が流れて、

    身体が活性化・基礎代謝を高めることになります。

    低体温改善 栄養素

    陰性食品(体を冷やす食べ物)

    白米、白パン、豆腐、トマト・レタスなど生野菜、バナナ、

    イナップル、、牛乳、コーヒー、ビール、菓子、マヨネ

    ーズ、バター、クリーム、見た目が青、白、緑、といった

    寒色系の食べ物が多い。

     

    陰性食品も加熱することで、陽性食品になるため食べる時

    に火を通すことがポイントです。

     

    陽性食品(体を温める食べ物)

    赤身肉、黒豆、黒ごま、ごぼう、にら、しょうが、梅干し、

    ご、玉ねぎ、漬物みそ、しょうゆ、チーズ、紅茶、赤

    や黒など濃い色の食べ物が多い。

    朝はコーヒーや牛乳にパンだけでなく、豆腐いりの味噌汁

    や、納豆、魚など、ご飯と一緒にタンパク質を組み合わせ

    て食べるようにする。

    夜は、スープや鍋、シチューなど温かいものを多くする。

     

    ■野菜・・・ニンジン、ゴボウ、ネギ、レンコン、ニラ、

    かぼちゃ、ゆず、しそ、芋類(山芋など)

    ■果物・・・桃、サクランボ、あんず

    ■調味料・・・チーズ、味噌、黒砂糖

    ■香辛料・・・しょうが、とうがらし、にんにく、山椒、

    胡椒、みそ、しょうゆ

    ■果実、木の実・・・梅、栗、くるみ  

     

    玄米を食べながら肉、卵、魚、バター、チーズ、練り製

    品を摂っていると極陽性になり、反動で陰性を要求し甘

    い物を大食することになります。

     

    生姜、ニンニク、カボチャ、茸、山芋など身体を温める

    食品を摂る様にしましょう。生姜紅茶はオススメ。毎日

    飲むだけで、体温が上昇したのを実感できるようになり

    ます。

     

    体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なのが、亜鉛

    ・マグネシウム・鉄・セレンなどのミネラルとビタミン

    です。

     
    体温上げる方法
    シャワーだけでなく、湯船につかることが重要

    お腹はさまざまな臓器が集まっており、ここを冷やすと

    体も冷えてしまいます。足は心臓から最も遠くにあ

    り、体が下がりやすいためその部分を冷やすと血液の

    流れをさら悪化させ、低体温の原因になってしまう。

     

    下半身の血流の流れが悪いと、冷え性や生理不順、肩こ

    りえを引き起こし、下半身太りにもなりやすいので、下

    半身を温めてください。

     

    半身浴、足浴、手浴に加え、水とお湯に交互に入浴する

    “温冷浴”は冷え症改善はもちろん、風邪を引きにくくす

    るなど体質改善にも効果的で、低体温を防ぐことにもつ

    ながると言われています。

     

    入浴によって血管が拡張し、血行が促進されます。血行

    が促進されるという事は、内臓や筋肉への酸素供給や栄

    養供給が増し、腎臓や肺からの老廃物の排泄作用も促進

    します。

     

    毎日10分間の入浴をつづけていると、冷え性の人でも、

    体温早く上り、すぐにたっぷりと汗をかくようになり

    ます。

     

    湯舟につかることは心身をリラックスさせるため、β-エ

    ンドルフィンと呼ばれる脳内快感ホルモンが放出されや

    すくなります。

     

    からだを温めるために一番良い温度は38~39℃程度で、

    副交感神経が働きリラックスすることが出来ます。

     

    低体温の予防としてゆっくり入浴することは大切です。

    ただし、入浴前後には必ず水分補給を行うようにしま
    しょう。


    スポンサーリンク



サブコンテンツ