有酸素運動の効果



  • スポンサーリンク



    有酸素運動 体調チェック 自己管理 能力 病気を寄付けな

    い。運動プログラム健康な人でも、運動を始める前の体

    調チェックをし自分で管理する事が大切です。

    有酸素運動 時間

     

    有酸素運動療法をして、運動の効果がよりよく発揮され

    ます。あまり体に負担がかからない、軽い運動を一定し

    て長く続けて呼吸することで、多くの酸素を取り入れる

    運動です。

     

    運動療法 有酸素運動


    ダイエットに効果的運動を始めるまえ医学的な検査が必

    要な場合

    ① 医師により、狭心症と診断された狭心痛がある場合。

    ② 脳卒中の既往がある場合。

    ③ 心臓発作、心停止、心臓弁膜症、心奇形、心筋炎、

    その他治療を要する心疾患の既往がある場合

    ④ 不整脈や伝導障害がある場合。

    ⑤ 胸痛、不整脈、心不全、高血圧などの為、心循環器

    系へ作用する薬を3ヶ月以内に服用していた事がある場

    合。

    ⑥ 高血圧症と診断されたり、また疑いのある場合。

    ⑦ 歩行に際して危険を伴う筋、神経、骨などの整形外

    科的異常がある場合。

    ⑧ 腎臓、肝臓、その他の代謝性障害がある場合。

    ⑨ 急性感染症などの場合。

    ⑩ 以前に運動を差し控えるよう医師からアドバイス

    を受けた事のある場合。

    スポンサーリンク

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-2782442118092017"
    data-ad-slot="7948858355"
    data-ad-format="auto">

     

    有酸素運動ダイエット


    ダイエットに効果的な運動を行う為には、自分自身の健

    康状態をきちんと把握しておく必要があります。  自己

    流のトレーニングは、かえって健康を害する恐れがあり

    ます。

     

    血流は脳、肝臓、副腎といった臓器に集中しています。

    いきなり運動を始めると、こうした臓器への血流が急に

    減るので、負担がかかります。

     

    健康な人でも、運動を始める前の体調チェックをし自分

    で管理する事が大切です。  ウォーミングアップが仲介

    することで、こうした臓器は徐々に血流を手放すことが

    でき、ゆっくりと筋肉への血流を多くしていくことがで

    きるのです。

     

    血糖値は早朝から上がり始め10時頃の時間帯が最も血糖

    値が高くなると言われています。早朝から10時までの時

    間帯に運動するのがダイエットに最適です。

     

    有酸素運動をすることによって得られる効果は脂肪を燃

    焼させことです。有酸素運動をすることによって、動

    脈硬化を防ぐことができます。

    脂肪燃焼 有酸素運動 時間

    運動をすると血液が濃くなり、筋肉中に溜まった疲労物

    質が運ばれにくくなります。200ccぐらいの水分を

    30分おきに摂る様、心がけてください。

     

    クールダウンは、筋肉への血流をゆっくりと脳や肝臓な

    どの臓器へとシフトしていくためです。また、たまった

    疲労物質を速やかに排出するために必要といえます。

     

    ケガや事故、筋肉痛の防止の為に運動のストレッチや

    ウオーミングアップ、運動後のクールダウンを必ずし

    ましょう。


    スポンサーリンク



サブコンテンツ