ビタミン、ミネラル効果



  • スポンサーリンク



    健康と美容の口コミ 良質な 健康食品 自然食品 栄養補

    サプリメント。不足しているビタミン・ミネラル摂取量

    情報 大切な役目をサポートする健康の潤滑油。  

    ビタミンミネラル食品
     

    ビタミン・ミネラルは、健康面では、生きていくために

    は欠かせない存在です。ビタミンをバランスよく含んだ

    食事を心がけ、適正摂取量のビタミンを食品から摂取し

    ましょう。

     

    エネルギー生産に必要なビタミン、ミネラル


    ビタミン

    20世紀の初頭、牛乳の中に微量栄養素の存在が発見

    され、脂溶性、水溶性の2つの性質があることから、

    それらの区別するためにアルファベットで命名される

    ようになりました。


     

    13種類のビタミンのうち脂溶性はA、D、E、Kの

    4種類 

     

    水溶性はB1、B2、B6、B12、C、ナイアシン、ビオチ

    ン、葉酸、パントテン酸の9種類です。

     

    水溶性ビタミンは多少過剰に摂取しても体外に排泄さ

    れますが、脂溶性ビタミンは摂りすぎると体内に蓄積

    され、過剰症を起こすことがあります。それぞれのビ

    タミンの特徴を知って、食物の組み合わせに役立てま

    しょう。
     
     

    スポンサーリンク

    style="display:block"
    data-ad-client="ca-pub-2782442118092017"
    data-ad-slot="7948858355"
    data-ad-format="auto">

    ビタミンの効能


    ビタミンA目と粘膜のビタミン

    疲れ目や視力の低下を防ぐ。皮膚や髪、爪など丈夫に

    保つ。風邪などの感染症に対する抵抗力がつく。

     

    レバーやウナギなど動物性食品に含まれるレチノール

    と小松菜やにんじんなど緑黄色野菜に含まれ、体内で

    ビタミンAに変わるべーたカロチンがあります。

     

    レチノールは摂取しすぎると、頭痛や吐き気などの過

    剰症を起こすことがあります。

     

    脂質は、糖質の2倍のエネルギーを生成し、細胞機能

    を十分に働かせるために欠かせない栄養素です。


     

    ビタミンD 強い骨や歯をつくるカルシウムの調整役

    骨の形成に不可欠の脂溶性ビタミンです。カルシフェ

    ロールとも呼びます。

     

    体内に入ったDは肝臓と腎臓で活性型ビタミンになり、

    腸でのカルシウムやリンの吸収を高めます。又、カル

    シウムの輸送を助けます。

     

    ビタミンDは体内で合成されますが、紫外線がそれを

    助ける働きをしています。

     

    ビタミンE活性酸素から体を守る若がえりのビタミ



    小麦胚芽などに多く含まれる脂溶性のビタミンです。

    トコフェノールとも呼ばれます。抗酸化作用があり、

    細胞の老化を抑えます。

     

    生活習慣病の予防や老化を遅らせる効果があるビタ

    ミンです。血行をよくし、成人病の予防,肩こりや

    冷え性、ホルモンのアンバランスから起こる更年期

    障害などの症状を改善します。

     

    ビタミンEは抗酸化作用で過酸化脂質の生成を抑え

    す。

     

    ビタミンK 血液凝固と骨の健康に威力


    血液凝固を助けたり、骨の健康を守る働きをするビ

    タミンです。フィトメジオンとも呼ばれます。

     

    緑黄色野菜に含まれるK1と微生物によって合成さ

    るk2があります。

     

    K2は納豆などにも多く含まれ、人の体内でも腸内細

    菌からつくり出されますが、抗生物質を服用してい

    ると、Kをつくりだす機能が低下します。

     

    ふだんは血液凝固を押さえ、出血すると血凝固因子

    の合成に働くなど血液の作用を表裏でバランスを取

    ています。

     

    ビタミンB1 脳を活性し疲労を防ぐ

    脳や神経の働きを調整し、正常に保つのです。チア

    ミンとも言います。不足すると精神的な不安定を引

    き起こし、脚気や全身倦怠感、肩こりなどの症状が

    現れます。

     

    ビタミンB1も欠乏が原因で、眼球異常をともなう精

    神疾患ウェルニッケ脳症が発症します。米の胚芽に

    多いので胚芽精米がおすすめです。精白中心では

    摂れません。

     

    ビタミンB2 発育を促進する成長ビタミン

    皮膚や髪を美しく保つことから、美容のビタミンと

    も呼ばれています。リボフラミンとも言います。

    脂質など多くの栄養素のエネルギー代謝に関わり

    、全身の成長に促進します。


     

    不足すると成長期では発育が遅くなり、目の充血

    や白内障、口角炎、口内炎、舌炎など粘膜性の炎

    症など粘膜性の炎症や小鼻のまわりに脂漏性皮膚

    炎ができたりします。

     

    妊娠中の女性や成長期の子供、脂質の摂取量が多

    い人などは不足に気をつけたいものです。

     

    ビタミンB6 たん白質をつくるビタミン

    たん白質の代謝に不可欠なビタミンで、ピリドキ

    シンとも言います。

     

    たん白質は体内でまずアミノ酸に分解され、吸収

    された後、必要たん白質に再合成されますが、そ

    の動きを中心となって促進するのがビタミンB6で

    す。

     

    たん白質を多く摂る人ほご必要量が高くなります。

    不足すると、口内炎皮膚炎、肌荒れ、精神不安定

    不眠を引き起こします。

     

    妊娠中の女性のつわりや生理前の不快な症状も、

    ビタミンB6の欠乏によるアミノ酸の代謝異常やホ

    ルモンバランスの乱れが原因の一つと考えられ、

    特に妊娠中の人やピルの服用者、精神に不安定な

    人は、積極的に補給することが必要です。

     

    ビタミンB12 貧血を改善する“赤いビタミン”

    葉酸と協力して、赤血球のヘモグロビンの合成を

    けるビタミンで、シアノコバラミンとも言いま

    す。

     

    神経細胞内のたん白質や脂質、核酸の合成を助け、

    神経の働きを正常に保つビタミンB12の効能です。


     

    不足すると、貧血特有のだるさ、めまい、しびれ

    などが起こり、神経過敏、記憶力や集中力の低下

    も見られます。

     

    よほど偏食しないかぎり欠乏しませんが、胃を手

    術した人は注意が必要です。

     

    ビタミンC コラーゲンの生成を助けるビタミンの

    代表格


    細胞の接着剤として丈夫な血管や筋肉、皮膚をつく

    るコラーゲンの生成に不可欠なのがビタミンCです。

     

    アスコルビン酸とも呼ばれます。体に侵入したウィ

    ルスを激退する免疫活動の中心、白血球の強化。風

    邪をひきにくく、回復の早い体をつくります。

     

    コラーゲンによる美肌作用、シミの原因であるメラ

    ン色素の抑制、抗ストレスなどの効能もあります。

    光、酸素に弱いので、損失の少ない扱い方をす

    るこが大切です。

     

    葉酸 赤血球や細胞の製造に一役

    ビタミンB郡の仲間で、造血作用に重要なビタミンで

    。胎児や乳児の成長に大きな影響を与えるため、妊

    娠中や授乳期の女性には得に必要なビタミンです。

     

    不足すると、口内炎や舌炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、

    ど粘膜の障害が現れます。葉酸不足による貧血が、

    大人より子供に起こりやすいのは、成長のために葉酸

    がより消費されるためです。

    ミネラルとは

    ミネラル

    人間の体は、全体の96%を酸素、炭素、水素、窒素

    のマクロ元素が構成し、残りの約4%を占める元素が

    ミネラル、または無機質と呼ばれる成分で構成されま

    す。

     

    その中でも特に必要なミネラルを必須ミネラルと言い、

    カルシウム、リン、カリウム、イオウ、ナトリウム、

    塩素、マグネシウム、鉄のマクロ元素 

     

    亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン、

    クロムなどの微量元素があります。

     

    必要量と毒性が現れる量の幅が狭いのがミネラルの特

    徴です。また、摂りすぎても中毒症や過剰症が起きや

    すいので注意が必要です。


     
    必須ミネラル
    カルシウム 強い骨や歯を形成する

    成人体内には、体重約50kgの人で焼く1kgのカ

    ルシウムが含まれ、その99%が健康な骨や歯をつく

    る成分となっています。残りは血液、筋肉、神経など

    の組織に含まれています。

     

    血液中のカルシウムが欠乏すると、骨に貯蔵されてい

    てカルシウムが放出され、血液中のカルシウム濃度え

    お一定に保ちますが、不足が慢性的にに続くと、骨が

    もろくなって、腰痛、肩こり、骨粗しょう症などが起

    こりやすくなります。

     

    筋肉の収縮や血行にも影響し、だるさ、イライラを引

    きお越します。


     

    カリウムナトリウムと拮抗して高血圧のを予防

    細胞内に多く存在し、細胞が外液に含まれるナトリウ

    ムとともに、細胞内外液の浸透圧を調整します。

     

    食塩どからナトリウムを多く摂取するときは、カリ

    ウムの摂取量も高めて細胞内のカリウムを失わないよ

    うにすることが必要です。

     

    カリウム不足やナトリウムの過剰摂取が起こると、筋肉

    の動きが鈍化、脱力感が生まれます。特に夏バテの原因

    になると言われています。

     

    幅広い食品に含まれるわりには、調理などで失われる率

    多く、また、食塩の摂取が多いとナトリウムとともに

    排出されてしまうので、摂取量を増やす必要があります。

     

    マグネシウム循環器の健康を守る

    体内で約300もの酵素の活動を助け、体のエネルギー

    代謝のために働いています。60%は骨や歯に、残りは

    筋肉や脳、神経などに含まれています。

     

    欠乏すると細胞内のカルシウム濃度が高まり、筋肉の収縮

    がスムーズにいかなくなるために、けいれんや筋肉痛、さ

    らに精神的な不安定を引き起こします。

     

     全身に酸素を供給

    成人の体内には約4gの鉄があり、その70%が機能鉄と

    ばれ、血液中のヘモグロビンに含まれ、全身に酸素を運

    搬します。

     

    残りの40%は肝臓などに蓄えられる貯蔵鉄で、機能鉄の

    不足を補えます。血液中の鉄が不足すると、酸素の運搬に

    支障をきたし、貯蔵鉄が不足分を放出します。

     

    それも不足すると、鉄欠乏性貧血が起こり、動悸、息切れ、

    疲労感などが起こります。特に、女性は月経による出血で失

    うため、男性より摂取量を多く摂る必要があります。逆に鉄

    の吸収率を妨げるのは過剰の食物繊維です。

     

    亜鉛発育促進、味覚の正常化に貢献

    体内の化学反応を行う約300の酵素と結合し、細胞分裂の

    進、遺伝子情報の伝達、たん白質の合成など生命活動に深

    く関わっています。

     

    不足すると細胞分裂が滞り、皮膚炎、脱毛、子供の発育不全、

    胃腸障害、味覚障害、性能力の低下など、さまざまな症状があ

    らわれ、免疫力の反応が弱まり、風邪などの病気にかかりやす

    くなります。

     

    成人の1人当りの亜鉛の所要量は10~11mgですが、日本

    人は男女ともそれを大幅に下回っています。摂りすぎると過剰

    症にもなりやすいので注意が必要です。

     

    クロムインスリンを活性化、血糖値を下げる

    肝臓や腎臓に含まれ、糖質のエネルギー代謝に関わるミネラル。

    膵臓から分泌されるインスリンに働きかけて、ブドウ糖や筋肉

    や肝臓に取り込む作用します。

     

    クロムが不足すると、脂質の代謝にも作用し、血液中の中性脂

    肪やコレステロール値を正常に調整します。

    スポンサーリンク



サブコンテンツ