赤ワイン効果ダイエット



  • スポンサーリンク



    健康にいい酒は百薬の長ドイツ イタリア フランス スパー

    クリング ワイン レシピ。赤ワインに動脈硬化を防ぐ効果

    世界最大のワインセレクョン。

     

    ワインの渋みと色の成分であるタンニン、アントシアニン、

    カテキン、ポリフェノールは抗酸化作用のある物質として、

    注目の的になって活性酸素を消去するのに役立っています。  


    ワイン代謝


     ワインと健康

    アルコールは健康の大敵と見られがちですが、血液循

    環をよくし、寒さが失われたエネルギーを急速に回復

    し、気分を高揚させてストレスを発散させるメリット

    もあります。

     

    大きな働きは、末梢循環を促して疲れをとり、若さを

    保つこと。さらに善玉コレステロールを増やすことで

    動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓を予防するなど様々な効

    果にもつながります。

    ワインの適量


     普段、知性や理性で抑制している本音などが程良く出せ

    ることで気分転換やストレス解消にもつながります。

     

    健康長寿の人にワインを楽しんでいる人が多いのは、こ

    れらの作用がうまく働いているからでしょう。ワインと

    上手に楽しむコツがあります。まず適量を知り、ゆっく

    り飲むこと。

     

    これは個人差が大きく、グラス一杯からボトル1本まで

    様々で、大切なのは自分の量を知り、血中のアルコ

    ール濃度を高めすぎないようゆっくりと時間をかけて飲

    むことです。


    最近では、
    赤ワインに動脈硬化を防ぐ効果があることだ


    注目されています。原料のぶどうの皮に抗酸化成分が多

    くふくまれているためです。楽しく飲むこと。楽しく飲

    んだワインは悪酔いせず、翌日に残ることもないと言わ

    れます。

     

    楽しく飲むこと。楽しく飲んだワインは悪酔いせず、翌

    日にることもないと言われます。これわ気のせいでわ

    なく、液の循環が良くなって体内のアルコール分解が

    早くなるため。

     

    話すことで、呼気の中にもアルコールが発散されます。

    いに笑う。ワインの味さえも高める最良の秘訣かも

    しれません。

    ワイン ビタミン

    健康に留意するなら、たん白質とビタミン類は協力し

    合っ肝臓の働きを助けます。特にビタミンB群を摂

    り入れるように工夫しましょう。

     

    ビタミンBは糖質を消化分解する過程で必要な栄養素

    なの、飲酒時にはどうしても不足しがちです。

     

    しいたけや枝豆にはいろいろなビタミンが豊富です。

    焼き鳥のハツやレバーやカラスミなどもビタミンB群

    が多いです。

     

    あまり辛いものは胃を荒らしますし、ポテトチップス

    やレーズンバターなどの脂肪分は膵臓に負担がかかる

    ので避けたほうがよいでしょう。

     

    ワインの飲みすぎはやはり体の負担を与えます。

    適量を越すと、肝臓がこれを″毒物”として処理する

    からです。

     

    肝臓が処理できる以上のワインを摂取してしまうと、

    分解しきれなかった分が翌日も体内に残ってしま

    頭痛やむかつきなどの不快症状をお越し二日酔いに

    なります。

     

    翌朝ワインが残っていたら、酢の物には目覚めを

    きりさせる効果があると言われています。朝食は水分

    と果物、水分はビタミンB1を含む味噌汁やカフェイン

    を含むお茶がいいでしょう。

     

    ワインを飲んだ翌日に肝臓を調べると、細胞の中には脂

    すっかり分解されるのに24時間かかります。肝臓

    防ぐためにも、週2日は休肝日をもうけましょう。

     

    ワインの飲みすぎは体に負担をあたえ肥満や中性脂肪の

    増加につながり太りやすくなります。

     

    それぞれのポイントに気をつけて楽しくおワインとつき

    あいたいですね。


    スポンサーリンク



サブコンテンツ